トップページ > 検索エンジンってなに?

検索エンジンってなに?

インターネットに存在する情報(ウェブページ、ウェブサイト、画像ファイル、ネットニュースなど)を開くとき、あなたはブラウザを使用しています。
ブラウザとは「Internet Explorer」「FireFox」「Chrome」「Safari」いまあなたがこのページを見るために開いている画面のアプリケーションのことです。
アプリケーションとはパソコンで動かすソフトのことです。
アプリケーションがなければパソコンではなにもできません。電卓もメモ帳も、あなたがパソコンに詳しければWord、Excelなどもアプリケーションです。近年ではiPhoneアプリなどが人気ですね。アプリとはアプリケーションの略称です。
アプリケーションのブラウザを開けば、そこはもうインターネットの世界。

インターネットとは全世界に公開された通信網。この通信網は完全に自由の世界で、誰もがなんでも公開できます。
私たちはインターネットを通じて遠くのコンピューターにアクセスすることができます。
この遠くにあるコンピュータにある情報が私たちがブラウザで見ることができるウェブページ、ウェブサイト、画像ファイル、ネットニュースなどです。
日本にいる私たちはインターネットを通じて地球の反対側のブラジルのカーニバルの様子を公開しているコンピュータにアクセスしてウェブページを見ることができるのです。

この公開しているコンピュータのことを業界ではサーバと呼びます。
なんでサーバ?
それはコーヒーサーバーとまったく同じ意味。コーヒーサーバーは温かいコーヒーを人間に与えるための機械です。
サーバとは通信網(インターネット)の中で人間に情報を与えるために作られたコンピュータのことを呼びます。
「与える」という意味なんですね。

さて、私たちはブラウザを利用して、世界中のサーバにアクセスして、インターネットの情報を探すことができます。
でも具体的にブラウザを開いてどうやってインターネットの情報を探していますか?
「検索窓」をご存知ですか?

 

おそらくここに「猫」「指輪」「車」など入力して「検索」ボタンを押して検索していますよね。
そこには「Yahoo!」または「Google」などと大きく書かれていませんか?
私たちは「Yahoo!」または「Google」の会社の検索ウェブページを使って世界中のインターネットの情報にアクセスしているんです。

「Yahoo!」または「Google」は24時間365日世界中に散らばっているインターネットの情報を専用のコンピュータで自社のサーバに保存しています。
保存された情報は私たちがよりよい検索結果にたどり着けるように24時間365日綺麗に整理整頓されて続けているのです。
それを私たちは「検索エンジン」と呼びます。
つまり、私たちは「Yahoo!」または「Google」のサーバの検索結果をアクセスしてからブラジルのカーニバルの様子を公開しているコンピュータにアクセスしているんですね。

検索エンジンを使うことにより、私たちは複雑な手順を使わず、検索窓で言葉を入力するだけで、世界中のインターネットの情報にアクセスできるのです。

ディレクトリ型検索エンジンってなに?


現在の「Yahoo!」または「Google」などの大手検索エンジンは24時間365日世界中に散らばっているインターネットの情報を専用のコンピュータで自社のサーバに保存し、綺麗に整理整頓され続けているとお伝えしました。
それは自動で行われることから、「ロボット型検索エンジン」と呼びます。

ロボット型検索エンジンが開発される以前は、自動で情報は整理整頓されていませんでした。
担当者が情報を切り分けていたのです。
また、インターネットの情報の持ち主は自分から大手の検索エンジンに申請をする場合もありました。
その頃の検索エンジンのことを「ディレクトリ型検索エンジン」と呼びます。

「ディレクトリ」ってなに?


「ディレクトリ」とは「フォルダ」と同じ意味。インターネットの情報を「漫画」「車」「猫」などのフォルダに分類して、整理整頓します。

さらに詳しく


検索エンジンCKEについて
検索エンジンCKEってなに?
検索エンジンCKEの良さは?