長崎県

長崎県の人口

約139万人

長崎県の花

雲仙ツツジ

雲仙ツツジ

Unzen Tsutsuji
(Kyushu azalea)

長崎県の木

ヒノキ(県の林木)・ツバキ(県の花木)

ヒノキ
(県の林木)
ツバキ
(県の花木)

Hinoki
(Hinoki cypress)
Tsubaki

長崎県の鳥

オシドリ(県民鳥)

オシドリ
(県民鳥)

Oshidori
(Mandarin duck)

長崎県の地図

長崎県の地図

[拡大]

旧国名  (五畿七道ごきしちどう

壱岐国  (西海道)
いき



対馬国  (西海道)
つしま

対馬国に存在した藩:
対馬府中藩
(江戸時代から明治時代初期)

肥前国  (西海道)
ひぜん

肥前国に存在した藩:
佐賀藩・唐津藩・大村藩・小城藩・島原藩・平戸新田藩・平戸藩・福江藩・蓮池藩・鹿島藩
(江戸時代から明治時代初期)

長崎県の市区町村

ア行

壱岐市
イキシ

諫早市
イサハヤシ

雲仙市
ウンゼンシ

大村市
オオムラシ

カ行

北松浦郡小値賀町
キタマツウラグンオヂカチョウ

北松浦郡佐々町
キタマツウラグンサザチョウ

五島市
ゴトウシ

サ行

西海市
サイカイシ

佐世保市
サセボシ

島原市
シマバラシ

タ行

対馬市
ツシマシ

ナ行

長崎市
ナガサキシ

西彼杵郡時津町
ニシソノギグントギツチョウ

西彼杵郡長与町
ニシソノギグンナガヨチョウ

ハ行

東彼杵郡川棚町
ヒガシソノギグンカワタナチョウ

東彼杵郡波佐見町
ヒガシソノギグンハサミチョウ

東彼杵郡東彼杵町
ヒガシソノギグンヒガシソノギチョウ

平戸市
ヒラドシ

マ行

松浦市
マツウラシ

南島原市
ミナミシマバラシ

南松浦郡新上五島町
ミナミマツウラグンシンカミゴトウチョウ

長崎県(ながさきけん)は、日本の九州西端部にある県。県庁所在地は長崎市。五島列島、壱岐島、対馬を含む。 古くは肥前国(佐賀県と、壱岐・対馬を除く長崎県全域)、対馬国、壱岐国に分かれていた。

Nagasaki-ken (Nagasaki prefecture): nah-gah-sah-kee
The name Nagasaki derives from the name of the capital city. The Japanese characters are "long" and "point."

Nagasaki-ken is a prefecture in Japan, located in the western edge of Kyushu Island. The capital is Nagasaki city. It includes the Goto Islands (means five-island archipelago), Iki Island (Iki Archipelago) and Tsushima Island in the Sea of Japan. The land of the prefecture positionally corresponds to the ancient Ritsuryo provinces of the west of Hizen-no-kuni, Tsushima-no-kuni and Iki-no-kuni.

Origin of the name "Nagasaki"
The name "Nagasaki" derives from the Nagasaki Clan who has ruled the current Nagasaki city area in the 14th century.

The Nagasaki clan is a branch family derives from the Kyushu-Chiba clan, who originated from the Chiba clan who was a samurai group based in the ancient Shimosa Province (the north of the present Chiba prefecture). The Chiba clan derived from the Kammu Heishi clan (or called the Taira clan), one of the descendants of the Emperor Kanmu in the 8th century and also one of the major samurai warrior groups during the Kamakura Period through Nanboku Cho Period (the 12th to 14th century). The Kyushu-Chiba clan had settled in the bay coast area between two peninsulas in Nagasaki, by the present prefectural office building. They named themselves "Nagasaki" after the "long-point" shaped land, and ruled the wide area from Fukabori through Tokitsu around Nagasaki harbor. Then, their territory came to be called "Nagasaki".

Meanwhile, although a minority opinion, it says that the above Nagasaki clan originated from the Nagasaki clan who had experienced a steward to the Hojo clan of the Kamakura Shogunate. They had resided at a village called "Nagasaki" in the north area of Izu Peninsula, and they were a descendant of Taira no Sukemori, a member of the Taira family defeated in the Battle of Dan-no-ura in 1185. The Hojo clan was a hereditary regent of the Kamakura Shogunate, and had controlled the government. In 1333, Nitta Yoshisada defeated and overthrown both the Hojo clan and the Kamakura Shogunate. One of the Nagasaki clan left there and reached the present Nagasaki Bay.

Besides, there is a simple tradition based on a local Nagasaki dialect referring to Nagasaki Peninsula. The locals have called it Nomozaki Peninsula, and also called a long point "nah-gah-kah-me-saki." Furthermore, the dialect corrupted it from "nan-kah-me-saki" to "Nah-gah-saki."

長崎県の概要

名称

「長崎」という地名の由来は次のように長崎氏よりといわれている。長崎氏は桓武平氏千葉流(九州千葉氏)の流れを汲む氏族であり、長崎県の名の由来になったことで知られる。現在の長崎県庁舎付近の長い御崎に館を構え、長崎港界隈の深堀から時津までの広い範囲を領していた九州千葉氏の一族が九州長崎氏を名乗ったことを起源とする説と、少数意見ではあるが元弘3年(1333年)、北條氏が新田義貞の軍勢に鎌倉を襲われて滅ぶと、代々伊豆国田方郡長崎村を領し、その地名を苗字として、鎌倉の執権である北條氏の執事を務めていたことのある長崎氏の一人が九州に流れ(九州長崎氏)、長崎湾の奥を領して地侍になったと長崎甚左衛門純景がその系図で主張している説がある。

また、その他にも俗説として「訛り」に基づく言い伝えがある。地元では野母崎半島を「長い岬」と称していたが、長崎弁では「長か岬(ながか・みさき)」となり、さらにこれが「なんか・みさき」と転訛し、この語が約まって「長崎」になった、というものである。

長崎県の経済・産業

産業

平成20年度(2008年 - 2009年)の県内総生産は4兆3109億円である。これは世界の過半数の国の国内総生産 (GDP) よりも規模が大きい。県民所得は3兆1070億円であり、一人当たり県民所得は215.7万円である。

県庁所在地長崎市は歴史を誇る港湾都市で、観光客が多い。戦艦武蔵を建造した造船の町でもある。

県第2の市である佐世保市は昔からの軍港があり、現在も海上自衛隊や米第7艦隊の基地があるほか、陸上自衛隊も駐屯している。また、南部にはヨーロッパの町並みを模した観光施設ハウステンボスがあり、韓国や台湾からの観光客も多い。

その他の地域もかつては炭鉱、底曳き網などの漁業基地、宝石サンゴ漁などにより繁栄したが、1970年代頃からそれらの産業が徐々に振るわなくなり、過疎化が進んだ。2000年代となっても過疎化は進行中で、産業の振興が重要課題となっている。

なお、壱岐・対馬地区は経済圏としては長崎や佐世保ではなく福岡に属する。

Economy and Industry

Industry
The prefectural GDP was 4.31 trillion yen in 2008, which is more than the GDP of majority of the world nations.

The capital city, Nagasaki, is a historical port and popular with many tourists. In addition, it is the city where the battleship Musashi was built.

Saseho city is the second largest city and has a traditional naval port. The south of the city has one of the European style theme parks, Huis Ten Bosch, which is popular with domestic, Taiwan and Korean tourists.

Other areas had once been active in coal mining, trawl fishing and jewel coral fishing, but these businesses had turned down by degree since 1970s. Then the areas have been losing population even after 2000. Enticing industry is a main issue in the depopulated areas.

Meanwhile, in an economic sphere, the Iki and Tsushima Islands District does not belong to Nagasaki or Saseho, but to Fukuoka economic sphere in Fukuoka prefecture.

長崎県の歴史(抜粋)

近世

17世紀にはいるとオランダ東インド会社、イギリス東インド会社が相継いで平戸支店を開設している。江戸時代の長崎県は佐賀藩、島原藩(島原半島)、大村藩(彼杵地方)、平戸藩(松浦半島・平戸島・壱岐)、平戸新田藩、福江藩(五島列島)、対馬府中藩(対馬)、佐賀藩家老の諫早陣屋、交代寄合の五島家の富江陣屋、天領(長崎)に分かれる。江戸幕府の鎖国方針により、ポルトガル人は長崎から追放され、1641年にオランダ商館が出島に移った。中国商船の長崎来航も認められており、長崎は鎖国下の日本では数少ない国際貿易港となった。また、対馬藩は幕府から李氏朝鮮との国交の実務を委任される傍ら朝鮮との貿易を公認され、釜山に倭館を置いてこれらの業務を行っていた。このように、今の長崎県域には、鎖国時にも幕府公認で海外へ開かれていた港が2箇所存在した。なお、鎖国下における江戸幕府公認の国際貿易港は上記2港のみである。

1637年島原の乱が起こった土地だけに江戸期を通じて隠れキリシタンが多く存在した(壱岐・対馬を除く)。現在でも、人口に対するキリスト教信者の割合が日本の他地域と比べて多い地域となっている。しかし、第二次世界大戦中に投下された原子爆弾は教会(浦上教会)のすぐ近くに落ち、原爆落下当日は教会で8月15日の聖母の被昇天の祝日に向けて「ゆるしの秘跡」が行われていた為、司祭をはじめ教会内にいた信徒全員が死亡し、その他にも多数の信徒が犠牲になったことなどから、信仰に悩みを持ったままの人や棄教した人も多く存在する。2013年現在でも、爆心地跡には教会の残骸が一部だけ保存されている。

A little bit of History

The Dutch East India Company and the (British) East India Company opened their factories at Hirado in 1609 and 1613, respectively, though the East India Company withdrew from Japan in 1623 because their products did not meet the Japanese market.

The then Nagasaki prefecture area divided into ten domains. They are Saga-Han, Shimabara-Han (Shimabara Peninsula), Omura-Han (Sonogi Region), Hirado-Han (Matsuura Peninsula, Hirado Island and Iki Island), Hirado-shinden-Han, Fukue-Han (the Goto Islands), Tsushima-Fuchu-Han (Tsushima), Isahaya-Jinya area owned by a chief retainer of the Saga domain, Tomie-jinya owned by the Goto clan (an upper vassal of the Tokugawa House, stationed), and Nagasaki (a domain directly ruled by the Tokugawa House).

The Tokugawa Shogunate took a policy of national isolation (called "Sakoku" in later years) in 1639, and expelled Portuguese from Nagasaki to the outside of Japan in 1636-1639 and moved the Dutch traders in a small artificial island called "Dejima" in the Nagasaki city area in 1641. The Shogunate permitted only trade with Dutch and China at Dejima in Dejima (Nagasaki), and with Joseon Dynasty Korea through the route between Busan in Korea and Tsushima Island by Tsushima-Han. Under the Sakoku policy, the Nagasaki and Tsushima in Nagasaki prefecture were the only international trading ports permitted by the Shogunate.

The land of the prefecture had a large number of Catholic Christians called "Kakure Kirishitan" (hidden Christians) with Catholic missionary activities mainly by Portuguese policy in this period, though the Shogunate banned Catholicism in 1614. Even today, the ratio of Catholic population in the prefecture is large in comparison with the other dioceses. In 1637, Shimabara Rebellion broke out at Shimabara in this land by local peasants who had groaned under heavy taxes drastically raised, most of Catholics under religious persecution, and "Ronin" (samurai groups who had lost masters).

On August 9, 1945 in World War II, an atomic bomb was dropped on Nagasaki and detonated on Urakami District, where the Urakami cathedral was located. In the cathedral at that time, Mass was open and well attended for the Solemnity of the upcoming Assumption of Mary that will take place on August 15. Two priests and few dozen Christians inside the church died instantly. The website of Nagasaki city says, "Known as Urakami, the district around the hypocenter (ground zero) area had been populated for centuries by Japanese people of the Roman Catholic faith. At the time of the bombing, between 15,000 and 16,000 Catholics - the majority of the approximately 20,000 people of that faith in Nagasaki and about half of the local population - lived in the Urakami district. It is said that about 10,000 Catholics were killed by the atomic bomb," and in total, "73,884 people were killed and 74,909 injured, and 17,358 of the deaths were confirmed by postmortem examination soon after the atomic bombing."

長崎県の地図を表示しています。

拡大する

[長崎県] 検索結果を表示しています。

[現在の表示:更新日の新しい順]

 1234567 次へ

2015
02月

長崎地区労

 

長崎県 長崎市 桜町

長崎地区労

長崎地区労は、長崎市周辺地域のいろんな職場の労働組合が団結したものです。労働組合の歴史「長崎労働組合運動史物語」も掲載。労働相談無料。

労働組合 地区労 労働相談

三ヶ月以上更新がありません

2014
12月

長崎遺品整理センター

 

長崎県 西彼杵郡時津町 元村郷

長崎遺品整理センター

長崎遺品整理センターは長崎を中心に遺品整理、生前整理、ゴミ屋敷、不用品回収、お墓の管理、火災現場、孤独死、事件・事故による特殊な現場の清掃、整理、ハウスクリーニングを行っております。

長崎 遺品整理 特殊清掃 孤独死 ゴミ屋敷 不用品

三ヶ月以上更新がありません

2014
11月

CHEST(チェスト)- 長崎県島原市のパソコン屋さん

 

CHEST(チェスト)- 長崎県島原市のパソコン屋さん

長崎のパソコン設定・修理・データ復元・トラブル対応は長崎県島原市の「CHEST(チェスト)」へお任せ下さい。長崎市や諫早市・大村市等、長崎県内全域のお客様や同業他社様からのサポート依頼も大歓迎です。パソコンの事なら長崎県内で1番の技術と低価格が特...

パソコン 島原 長崎 修理 設定 データ復元 トラブル

三ヶ月以上更新がありません

2014
10月

ゲストハウス長崎

 

福岡県 田川郡福智町 弁城

ゲストハウス長崎

長崎市にニューオープンしたゲストハウス!一泊2400円〜(ドミトリー)長崎駅から路面電車で10分。浦上駅から徒歩5分。長崎県長崎市目覚町25-2 2F。TEL:090-4473-4571   

ゲストハウス 長崎 ホステル 安宿 浦上駅

三ヶ月以上更新がありません

2014
08月

長崎県立大学新聞会

 

長崎県 佐世保市 川下町

長崎県立大学新聞会

創設47年、時代を超える伝説。 長崎県立大学新聞会の公式サイトです。新聞会では新聞の発行から学園祭(鵬祭)トークショー主催、研修会の実施などを行っております。皆様の入会を24時間365日いつでもお待ちしております。

新聞会 長崎県立大学 新井輝 鵬祭 サークル

三ヶ月以上更新がありません

 1234567 次へ

長崎県 西彼杵郡時津町のサイトのご紹介

長崎遺品整理センター

長崎県 長崎市のサイトのご紹介

長崎地区労

ながさきひろば

長崎県 佐世保市のサイトのご紹介

長崎県立大学新聞会