佐賀県

佐賀県の人口

約84万人

佐賀県の花

クスの花(郷土の花)

クスの花
(郷土の花)

Kusu
(Camphor tree)

佐賀県の木

クス

クス

Kusu
(Camphor tree)

佐賀県の鳥

カササギ

カササギ

Kasasagi
(Magpie)

佐賀県の地図

佐賀県の地図

[拡大]

旧国名  (五畿七道ごきしちどう

肥前国  (西海道)
ひぜん

肥前国に存在した藩:
佐賀藩・唐津藩・大村藩・小城藩・島原藩・平戸新田藩・平戸藩・福江藩・蓮池藩・鹿島藩
(江戸時代から明治時代初期)

佐賀県の市区町村

ア行

伊万里市
イマリシ

嬉野市
ウレシノシ

小城市
オギシ

カ行

鹿島市
カシマシ

唐津市
カラツシ

神埼郡吉野ヶ里町
カンザキグンヨシノガリチョウ

神埼市
カンザキシ

杵島郡大町町
キシマグンオオマチチョウ

杵島郡江北町
キシマグンコウホクマチ

杵島郡白石町
キシマグンシロイシチョウ

サ行

佐賀市
サガシ

タ行

多久市
タクシ

武雄市
タケオシ

鳥栖市
トスシ

ナ行

西松浦郡有田町
ニシマツウラグンアリタチョウ

ハ行

東松浦郡玄海町
ヒガシマツウラグンゲンカイチョウ

藤津郡太良町
フジツグンタラチョウ

マ行

三養基郡上峰町
ミヤキグンカミミネチョウ

三養基郡基山町
ミヤキグンキヤマチョウ

三養基郡みやき町
ミヤキグンミヤキチョウ

佐賀県(さがけん)は、日本の九州地方の北西部にある県。県庁所在地は佐賀市。

唐津・伊万里・有田などは古くから陶磁器の産地として有名である。玄界灘と有明海の2つの海に接する。

令制国の肥前国東部に相当する。明治の府県制成立の際、同国は佐賀県と長崎県の2県として分立した。県名は佐賀郡(現在の佐賀市)から採られたもので、『肥前国風土記』に伝えられる、楠の木が生え盛るこの地を指して日本武尊が言った「栄の国」に由来する。

県名の由来

県名である「佐賀」は明治の県設置時に県庁所在地となった佐賀郡にちなむものだが、古来は「佐嘉」の表記が主に使われていた。やがて「佐賀」も使われるようになり、明治維新の時に「佐賀」に統一された。古い「佐嘉」の表記は佐嘉神社などに残されている。「佐嘉郡」は、風土記の一つである『肥前国風土記』に記された、「日本武尊が御巡幸の時、楠樹(クスノキ)の栄え繁る有様を見られ、この国は『栄の国』と呼ぶがよかろう、と申され、その後『栄の都』といい、改めて佐嘉郡と呼ぶようになった。」といった意味である。この文中に見られるクスノキは、佐賀平野を中心として県内各地にあり、天然記念物指定の古い大楠が多数あるほか、佐賀県の県木にも指定されており縁が深い。

また、「佐嘉郡」の由来としては、もう1つ説があり、同じく肥前国風土記の以下の記述に由来する。

これは、「郡の西にある佐嘉川(現在の嘉瀬川に当たる)という川があり、「荒ぶる神」によって川が氾濫し多くの人々が亡くなっていた。これを鎮めるために、土蜘蛛(天皇に恭順しない土着の豪傑を意味する蔑称)の2人の賢女(さかしめ)が「下田の村の土で人形や馬形を作り、神を祀れば、鎮まるでしょう。」と言い、大荒田がその通りにしたところ、氾濫が鎮められた。大荒田はこの2人の賢女を讃え、この地域を「賢女の群(さかしめのこおり)」と呼ぶようにした。現在はこれが訛って佐嘉の郡(さかのこおり)と呼んでいる」といった意味になる。

Saga-ken (Sage prefecture): sah-guh
The name Saga derives from the name of the county where the capital city, Saga, is located. The Japanese characters are "aid" and "to congratulate."

Saga prefecture is located in the northwest of Kyushu Island, and bounded by the two small seas of Genkai-nada and Ariake-kai. The capital is Saga city. The cities such as Karatsu, Imari and Arita are well known as traditional pottery production areas widely throughout Japan.

The land of the prefecture positionally corresponds to the east part of the ancient Hizen-no-kuni Province established by the Ritsuryo system in the 7 century. The west of the Hizen Province belongs to Nagasaki prefecture. The name of the prefecture derives from the name of the county, which is the present Saga city. It originated from a word of Yamato Takeru "Sakae-no-kuni" meaning a thriving country.

Origin of the name "Saga"
The name of the prefecture derives from the name of the county Saga. Although the current characters, Saga, are "aid" and "to congratulate," the characters of "aid" and "auspicious" had mainly been used in ancient times. The name Saga[Japanese characters] of "Saga Shrine" is one of the remains of the old characters. The name of the county Saga derives from the word of Yamato Takeru, the son of the Emperor Keiko, which is written in one of the ancient provincial records called "Hizen-no-kuni Fudoki." When Yamato Takeru visited this country with an observation tour, he sighted full of camphor trees growing up at the land and offered the name of the country "Sakae-no-kuni" meaning a thriving country. Then, the land was called "Sakae-no-miyako" (thriving capital), and then renamed it "Saga" Province. Even today, the land of the prefecture, mainly the Saga Plain, sees many camphor trees growing, and some of the old and big trees were designated to natural monuments by Takeo city, Saga prefecture or Japan. The prefectural symbolic tree is the camphor tree.

Meanwhile, there is the other opinion, which refers to a tale about two wise women written in the same province records "Hizen-no-kuni Fudoki." It can be read as follows: A river in the west of Miyako (a city) had been flooded at that time and killed many people. The two wise women who came from the resistant locals told the master of the land that the flood would stop by sacrificing dolls and horse figures made out of the soil of the village to a god. After he did as they told him, the flood stopped. He praised the two wise women, and set the land to be called "Sakashi-me-no-kori" meaning the village of wise women. It turned into "Saga-no-kori" (the region of Saga).

佐賀県の観光

観光

唐津市・東松浦郡は、虹の松原、七つ釜の海食洞、リアス式海岸、クジラのように急峻にせり出す形状の島々など、玄界灘・唐津湾に面した海沿いの自然景勝地として知られ、海水浴やサーフィン、ダイビングといったマリンスポーツなどが盛んである。また鏡山や丘陵地帯・海岸部の棚田などの自然景勝がみられるほか、丘の上に建つ唐津城、名護屋城跡(博物館)などの文化財が観光地となっている。11月上旬には日本三大くんちの一つである唐津くんち(唐津市)、6月上旬には呼子大綱引(唐津市呼子町)が行われるほか、呼子の朝市も有名である。

伊万里湾も同様に、湾口部のいろは島やリアス式海岸が特徴的な景観で、海水浴地でもある。10月下旬には伊万里トンテントン祭りが行われる。また、伊万里市・有田町・武雄市の黒髪山周辺は奇岩のなす地形や豊富な植物、各種伝説などで知られる。また、有田町を中心とした地域には有田焼(伊万里焼)、唐津市・伊万里市・武雄市を中心とした地域に唐津焼の、それぞれ古い窯跡や現存する窯元が数多く分布していて陶磁器にまつわる名所が多い。九州陶磁文化館、有田陶磁美術館、有田ポーセリンパークなどの文化施設もあるほか、ゴールデンウィークには有田陶器市が開かれ多数の客で賑わう。

日本三大美肌の湯である嬉野温泉(嬉野市)温泉は湯豆腐や嬉野茶でも有名で、武雄温泉(武雄市)は楼門と武雄温泉新館が国の重要文化財に指定されており、それぞれ趣の異なった温泉街として賑わう。

一方、県庁所在地佐賀市は平坦な田園地帯の中にあり、城下町時代の名残のある込み入った街路や水路網などの景観が特徴的である。江戸-明治期の建物が残る佐賀市歴史民俗館、佐賀城跡と佐賀城本丸歴史館、佐嘉神社、反射炉跡などの歴史遺産が点在する。10月下旬から11月上旬には佐賀インターナショナルバルーンフェスタが開かれ、熱気球が舞う光景が広がるほか、8月には栄の国まつりが開催される。

県南部一帯には泥質干潟の有明海が広がり、玄界灘や伊万里湾とは大きく異なった景観となる。ムツゴロウ、シオマネキなどの希少生物や、紅葉のように変化するシチメンソウなどが見られる。また5月頃には鹿島ガタリンピック(鹿島市)が開催される。

県北部の北山ダム(佐賀市三瀬村)は避暑地となっており、どんぐり村などが観光地として整備されている。嘉瀬川を下って行くと古湯温泉や熊の川温泉(ともに佐賀市富士町)、川上峡などのスポットが点在する。

吉野ヶ里遺跡(吉野ヶ里町・神埼市)は、一部で発掘を継続しながら国営吉野ヶ里歴史公園として復元整備されている。

Tourism

The area of Karatsu city and Higashi Matsu-ura county is known as a scenic coastline facing the Genkai Sea and the Karatsu Bay, including "Niji-no-matsubara" (rainbow pine tree beach), "Nanatsugama sea cave" (Nanatsugama: seven kilns), saw-toothed coastline, and whale-shaped islands. Marine sports such as sea bathing, surfboarding and diving are also popular there. In addition, Kagami-yama mountain and Tanada (terraced rice fields) that was formed on hilly terrain or seaside terrace are visible from the coastline. Historic structures such as Karatsu Castle, which rises up on the hill, and the ruin of the Nagoya Castle, which is by Saga Prefectural Nagoya Castle Museum, are tourist attractions. At the beginning of November, "Karatsu Kunchi" (the festival of Karatsu Shrine) opens in Karatsu city. At the beginning of June, "Yobuko Otsunahiki Festival" (a tug of war) opens in Yobuko town, Karatsu city. Yobuko Asaichi Morning Market is also popular with tourists.

The Imari Bay has some featured landscapes such as Iroha Island, located in the baymouth, and saw-toothed coastline, including sea-bathing areas. Imari's Ton-ten-ton Matsuri (the fighting festival of Imari Shrine) opens at the end of October. The Kurokami-zan mountain area, which is located in between Imari city, Arita town and Takeo city, is known as the place of odd-shaped rocks, abundant plants and various traditions. Arita-yaki (Imari-yaki) in the Arita town area, Karatsu-yaki in the areas of Karatsu city, Imari city and Takeo city; these cities and town have many old kiln ruins and active kilns, which have become tourist attractions. Furthermore, there are cultural facilities, such as Kyushu Ceramic Museum, Arita Ceramic Art Museum, and Arita Porcelain Theme Park, and Arita Pottery Market opening during the Golden Week is crowded with many customers.

Ureshino Onsen (hot spring bathing facility in Ureshino city) is called one of the Japan's three great spas for beautiful skin, and is known for Yudofu (a tofu dish) and Ureshino tea. Takeo Onsen (hot spring bathing facility in Takeo city) has a "Romon Gate" and a "New Building" of Takeo spa listed as Important Cultural Properties of Japan. Both Ureshino Onsen and Takeo Onsen are different in flavor (atmosphere) from one another and crowded with many customers.

Meanwhile, the prefecture capital, Saga city, is located in the middle of flat and rural area, and features the intricate streets and canal system, which are vestiges of a castle town. The city is dotted with historical heritages, such as Saga City Cultural Museum, which exhibits the old structures built in the Edo to Meiji Period, Saga Castle and Saga Castle History Museum, Saga Shrine and reverberatory furnace ruins. Saga International Balloon Festival opens and sees many balloons floating in the Sky from the end of October through the beginning of November, and Sakae-no-kuni Matsuri (Saga city summer festival) opens in August.

Over the south area of the prefecture, the Ariake Sea turns into large mudflats and became a different landscape from the Genkai Sea and the Imari Bay. The mudflats see rare species such as Mutsugoro (bluespotted mud hoppers) hopping and Shio-maneki (fiddler crabs) moving sideways, and Shichimenso (Suaeda japonica Makino) changing in autumn tints. Furthermore, Kashima Gatalympics opens around May.

The north of the prefecture has Hokuzan dam in Mitsuse village, Saga city, where a summer retreat is. Donguri Mura (acorn village) has opened as a theme park. The downstream area of the Kase-gawa River is dotted with Furuyu Onsen, Kuma-no-kawa Onsen (both belong to Fuji town, Saga city), and Kawakami-kyo Gorge. Yoshi-no-gari ruins (Yoshi-no-gari town, Kanzaski city) remain as Yoshinogari Historical Park with part of the area restored and still digged up for research.

佐賀県の経済・産業

2007年度(平成19年度)の県内総生産は3兆115億円である。47都道府県では第43位であり、世界で85位前後の「国」に相当する経済規模を有している。産業別就業者数では、他の都道府県に比べて第一次産業の割合が多いことから、農業県と言われることも多い。

[続きを読む]    

Economy and Industry

The prefectural GDP was 3.11 trillion yen in 2007, which ranked 43th among the prefectures in Japan and equaled to a world nation with the economy level of around 85th place. In the number of employees by industry, the agriculture is large in the ratio of employees compared with the other prefecture, and Saga is called "agricultural prefecture."

[Read more]    

佐賀県の地図を表示しています。

拡大する

[佐賀県] 検索結果を表示しています。

[現在の表示:更新日の新しい順]

前へ  1234 次へ

2013
11月

クリップ佐賀

 

クリップ佐賀

佐賀のカルチャーをクリップするWEBマガジン「クリップ佐賀」は佐賀のヒト・モノ・コトをフィーチャーして情報発信しています。

佐賀 佐賀市 佐賀県

三ヶ月以上更新がありません

2013
09月

佐賀県の格安車検予約はお宝車検.com - 車検費用が最大77%OFF

 

佐賀県の格安車検予約はお宝車検.com - 車検費用が最大77%OFF

お宝車検.comは日本最大級の車検比較・予約サイト。お店で予約するよりも車検費用が最大77%OFFで予約出来ます。佐賀県のコバック、イエローハット、カーコン車検、アップル車検をはじめ、整備工場・ガソリンスタンドの格安で受けられる車検情報が満載です。

車検 佐賀 車検費用 車検予約 格安車検

三ヶ月以上更新がありません

2013
08月

エスケーホーム

 

エスケーホーム

熊本県、福岡県、佐賀県で住宅見学会を開催しています。モニター住宅申し込みで住宅をオトクに購入。

熊本 福岡 佐賀 住宅 購入

三ヶ月以上更新がありません

2012
02月

佐賀はホントにいいところ

 

佐賀はホントにいいところ

S・A・G・A・サガ♪S・A・G・A・サガ♪ でお馴染みの、皆さんご存知「佐賀県」でございますよ ここでは私が独断でオススメの佐賀県のスポットなどをご紹介します

佐賀 観光

三ヶ月以上更新がありません

2011
12月

宝くじならしあわせ購入代行社

 

宝くじならしあわせ購入代行社

高額当選本数が日本トップクラスの西銀座チャンスセンター1番窓口で購入代行したジャンボ宝くじを高額当選ご利益で有名な佐賀県宝当神社で高額当選御祈祷して頂きお届けいたします。

ジャンボ宝くじ 購入代行 西銀座チャンスセンター 宝当

三ヶ月以上更新がありません

前へ  1234 次へ

佐賀県 佐賀市のサイトのご紹介

九州産直野菜 ベジマート