料理名
鱸の奉書焼き
発祥時期
江戸時代
地域
宍道湖での漁獲が盛んであり宍道湖七珍の一つにも数えられる、鱸を奉書紙に包んで焼いた焼き魚の一種。伝説では地元漁師が食するのを見た松江藩主である松平治郷が所望し、漁師が献上する際に料理が汚れないよう気遣って奉書紙で包んだのが始まりといわれる。

▼[鱸の奉書焼き]に該当するデータは見つかりませんでした。

ホームページ新規登録
自堕落天使ピーター